あなたも輝く 晴れの国女子 おかやま 輝く女性 未来設計応援

Interview

子育てしながら働く女性や
職場でリーダーシップを発揮している女性など多様な活躍の姿を紹介!

仲間の成長を見守る喜びの先に、広がりはじめた新たな夢仲間の成長を見守る喜びの先に、広がりはじめた新たな夢

見えぬ管理職の役割に自問自答の日々

『株式会社トヨタレンタリース岡山』倉敷駅北口店に勤務しています。主な業務は予約対応やご来店時接客、ご利用後の車両回送や清掃など。入社10年、店長に昇格してからは既に5年以上が経ちますが、実を言うと昇格当初はなかなかその役割を見出すことができず、悶々とした日々を送ったこともあります。というのも、店長として初めて勤務したのは本社併設の店舗。訪ねて来られるのはお取引先様ばかりで、店舗スタッフも私以外一人だけ。店長とは名ばかりの釈然としない状態に、上司に不満をぶつけたこともありました。

部下の成長で目覚めた使命感 ― ターニングポイント ―

そんな状況が一変したのは、産休を経て倉敷駅北口店で復職してからのこと。倉敷駅前という土地柄、ビジネスや観光目的のお客様が多く、培ってきた経験や知識を存分に生かせる環境であったことも要因の一つかもしれません。けれどそれ以上に大きなきっかけとなったのは、部下だった女性アルバイトスタッフの成長でした。当社が提供するのはお客様の大切な命を預かる車ですから、快適かつ安全にご利用いただくために、車を扱うプロとしての知識と責任が不可欠です。部下には日ごろから「若いうちにプロ意識を持って取り組まないと、将来苦労する」と時に厳しく指導することもありましたので、若く経験の浅い彼女にとっては負担に感じることもあったかもしれません。けれど彼女はそんな私の思いを察するかのようにいつも前向きに仕事に取り組み、めきめきと成長。そのひたむきな姿勢と成長が評価され、ついに正社員の座を勝ち取ったのです。「店長のおかげです。ありがとうございました!」という言葉が、自分が店長の内示を受けたときよりもはるかに重く、うれしかったことに驚きました。店長になってからも自分の役割を模索し、やりがいを探し続けていた私ですが、この時ようやく本当の意味で店長になれたような気がしたのを覚えています。

組織の成長を「人づくり」で支えたい

現在5歳、3歳の2人の子どもの母として、今は毎日16時半には子どもの迎えに向かいます。仕事と家庭の両立のためとはいえ、閉店前に退社することに後ろめたさを感じることもあります。けれど、私自身、働く母親の悩みを実感したことは、ひとつの大きな収穫となりました。誰にとっても働きやすく、これまで築いてきたキャリアを発展させていく組織を作るためには、産休・育休や短時間勤務といった制度を気持ちよく活用できる風土づくりこそ大切だと気付くことができたから。キャリアの継続が人を育て、人の成長が企業を育てる――遅ればせながら店長としての使命とやりがいに目覚めた私は今、そんな好循環な組織を目指して“店づくり”に臨んでいます。

クローズアップ

仕事をする上で大切にしていること

親心の芽生えが導いた
上司と部下のよりよい関係。

未熟なうちは徹底的に指導してやるのが先輩の務め――そう思い込み、かつては周囲に恐れられるほどの厳しさで有名だった私ですが、2児の母となったことで気持ちが丸くなったのか、その考えは大きく変化。ただ叩き込むばかりが教育ではないと、円滑なコミュニケーションを心がけ、相手の気持ちに寄り添い真摯に耳を傾けることで、以前よりずっと密な関係を築けるようになりました。

私の挑戦を支えるもの

働く者としての同志意識で
夫婦の絆はさらに強く。

「仕事に復帰してよかった」と思う理由は、やりがいを見出したこと以外にもうひとつ。それは、以前にも増して前向きに仕事に臨む私を夫が応援してくれるようになり、そんな夫に感謝の気持ちで接することができるようになったこと。休職中は仕事中心の夫に苛立ち喧嘩になることも少なくありませんでしたが、今では互いに思いやり、支え合えるようになり、家族の絆はますます深まっています。

働く女性へのメッセージ

仕事と家庭の両立のカギは
知恵と工夫と巻き込み力。

時代はすっかり変わったとはいえ、今も仕事と家庭どちらを優先すべきかと葛藤する女性は多いもの。ですが、仕事のために子どもをあきらめる、家庭のためにキャリアをあきらめるなんて、とても惜しい。一見困難に思えても、知恵を絞り、自分なりに工夫し、周りをうまく巻き込めば、必ず両立できるはず。どちらかをあきらめて後悔するくらいなら、どちらも手に入れる方法を考えましょう!

ある1日のスケジュール

★5:00
起床
★5:10
お弁当作り、洗濯などの家事
★6:30
身支度
★7:00
出発
★7:10
子どもたちを実家へ預ける
★7:30
出社、開店準備
★8:00
オープン
★12:00
回送、清掃業務の合間に手早くランチ
★13:00
来客対応、書類整理
★16:30
退社
★17:00
帰宅
★18:00
夕食
★21:00
子どもたちと過ごした後、寝かしつけ
★23:00
夫とのんびり
00:00
就寝

株式会社トヨタレンタリース
岡山

倉敷駅北口店 店長

難波 綾さん

36歳

[リラックス法]

子どもを抱きしめる

[自分磨き術]

定期的なヘアカット
「一番の理解者」である夫のアドバイスも参考にします!

[挑戦したいこと]

英会話の勉強

[おすすめの本]

『置かれた場所で咲きなさい』(渡辺和子)

取材協力:株式会社トヨタレンタリース岡山
本社所在地:岡山市南区新保651-3
HP:https://www.r-toyota-oka.co.jp/
従業員数:109名
ページトップへ