あなたも輝く 晴れの国女子 おかやま 輝く女性 未来設計応援

Interview

子育てしながら働く女性や
職場でリーダーシップを発揮している女性など多様な活躍の姿を紹介!

一歩先の未来のために、今を全力で走り続けたい。一歩先の未来のために、今を全力で走り続けたい。

営業サポートというと補助的なポジションのように思われるかもしれませんが、私が担当する新市場開拓部門の業務は補助と言うには極めて多岐にわたります。具体的には、商談に並行して行う受注準備からシステム入力や生産発注などの受注業務、生産管理、出荷管理、納品後の請求チェックなど。その職域は営業よりもむしろ広く、受注後のお客様、生産部との納期交渉など基本的にすべての業務に携わります。

ホスピタリティマインドが挑戦を後押し

実は新市場開拓部に配属された当初、事務処理の大半は営業担当が行っていました。入社半年の私に任されたのは、受注内容をシステムに入力し生産発注する受注業務のみ。受注件数が多ければそれなりの業務量にはなりますが、慣れると午後早々に片付くこともありました。そこで私は営業の先手を打ち共有メールをチェックしたり必要な書類をそろえたりと、自ら業務範囲を拡大。仕事が増えれば当然責任も重くなりますが、「営業が自分の仕事に没頭できる環境が整えば、事業の成果にもつながるはず」との思いは、その負担にも勝る大きな原動力になりました。

挑戦・成長し続ける価値を実感 ― ターニングポイント ―

今思えばこの時培われたホスピタリティマインドこそ、私にとって最大のやりがいと成長の糧になってきたのでしょう。それを実感したのが2018年初頭。海外営業サポートを担当していた社員が産休のため私が一部海外営業サポート業務も担当することに。業務量が増えたのはともかく、国内部門では無縁だった貿易実務にはこれまでの経験が通用せず、後任着任までは心身ともにハードな日々が続きました。海外営業では、調べ、それでも分からなければ上司に聞き、を繰り返しながらのいわば自転車操業状態。けれどピンチは成長への最大の糧。ひとつ、また一つと苦難を乗り越えるたびに学びの苦しみは徐々に成長の喜びへと変化し、より円滑な事業運営や同僚たちをサポートするために自らが挑戦・成長し続けることの価値を思い出させてくれる貴重な機会ともなりました。

さらなる挑戦・成長へ

これまで、長年のお付き合いがあるお客様とのお取引では、必要な書類が十分に整備されていないことも少なくありませんでした。そんな慣習頼みの体制を改めるため、我が社では2018年4月に組織再編成を行い、法務担当者が配置されました。契約書類を精査する体制が確立され、担当者が変わっても円滑に業務遂行できる仕組みが整いはじめています。営業サポートとしてもそれはとてもありがたいことですが、かといって法務担当者にすべてを頼りきるわけにはいきません。今後は私も法務知識を増やし、商談のスピードアップやお客様との信頼関係構築につなげられるよう、さらに取り組んでいきたいと思っています。

クローズアップ

仕事をする上で大切にしていること

先を見越した着実な行動が
仕事の価値を左右する。

「段取り八分・仕事二分」という言葉もあるように、目の前の仕事を“こなす”意識だけでは決して質の高い仕事はできません。大切なのは常に先を見越して、あらゆる状況を想定しながら先手を打ちつつ着実に行動すること。自分の今の行動が営業のしやすさ、ひいてはお客様の満足につながっていくことを忘れず、一つひとつの仕事の意味・目的を考えて行動することを心がけています。

私のリフレッシュ法

タイムラインを徹底して
オンオフにめりはりを。

18時半には必ず退社するようにしています。タイムラインを徹底すれば自然とオンオフが切り替えられるようになり、仕事のストレスを引きずったり、プライベートな感情を仕事に持ち込んだりすることもありません。プラス、週に2~3度はライフワークのバドミントンで心身リフレッシュ。週末は手製の料理とお酒でおうち居酒屋を楽しんでいます。

ロールモデルとしての役割意識

固定概念にとらわれず
自分らしい道を切り拓きたい。

仕事一筋に生きるも家庭人に徹するも自分次第ではありますが、多様な生き方が許容されるこの社会で、いずれかの道しかないはずはありません。私もつい最近までその二択に葛藤し続けてきましたが、ここ数年、育休後続々と復職を果たす先輩方たちの姿を見て、大いに刺激を受けています。私も自分らしい働き方・生き方を貫いて、あとに続く人たちのロールモデルとなれたらうれしいですね。

ある1日のスケジュール

★7:00
起床
★8:30
出社、清掃、朝礼
★8:50
部内ミーティング
★9:00
メールチェック、受注入力、出荷準備など
★13:00
昼休憩
★14:00
受注入力
★15:00
納期管理、誌面校正など
★18:30
退社
★19:00
バドミントン練習
★21:30
帰宅、風呂、夕食
★22:30
家事
23:30
就寝

ダイヤ工業株式会社

本社勤務 新市場開拓部門
営業サポート

河内 彩さん

28歳

[ライフワーク]

バドミントン
岡山・倉敷市の市民大会でW優勝!

[リラックス法]

おうち居酒屋

[将来の目標]

出産後も仕事復帰し
キャリアを磨き続けること

[モットー]

仕事もプライベートも
やると決めたら徹底的にやる!

取材協力:ダイヤ工業株式会社
本社所在地:岡山市南区古新田1125
HP:https://www.daiyak.co.jp/
従業員数:118名(パート含)
ページトップへ