あなたも輝く 晴れの国女子 おかやま 輝く女性 未来設計応援

Interview

子育てしながら働く女性や
職場でリーダーシップを発揮している女性など多様な活躍の姿を紹介!

地域のお客様に頼りにされるヘルスカウンセラーになりたい!地域のお客様に頼りにされるヘルスカウンセラーになりたい!

管理栄養士の資格を活かし、健康や美容などの悩みにアドバイス。

大学卒業時に管理栄養士の国家資格を取得しました。もともと「食」や「健康」に関心が高く、管理栄養士の資格を活かしたかったので、お客様の身近なところで栄養の知識を役立てられるドラッグストア勤務を希望して入社。今、6年目です。おもに、医薬品や健康食品などを扱うヘルスケア部門の販売や接客、売場管理・発注などを担当しています。さらに、管理栄養士・ヘルスカウンセラーとして、お客様の健康や美容などに関する相談にお答えしています。肩こりや肌荒れなど病気ではない悩みの場合、なるべく薬に頼りたくないというお客様には、健康食品や食事のアドバイスがすごく喜ばれるため、管理栄養士としての知識がとても役立っています。また、店舗では店長のほかに社員3人とパートスタッフ数名が働いており、私は店長に次いで責任ある立場で商品の特長や売り方、接客のコツなど、パートスタッフからの販売・接客に関する相談に対応しています。

仕事の抱え込み過ぎが原因で失敗を経験 ー ターニングポイント ー

入社2〜3年の頃の私は、まだ知識も経験も不足している状態。それでも後輩に指導する立場になり「しっかりしなければいけない」と、無意識の内に使命感を感じ、キャパオーバーの仕事をしていました。ドラッグストアの仕事内容は店頭での接客だけではありません。出勤してから開店までに、商品を売り場に並べたり、帳簿を確認し、在庫確認や発注依頼もしておかなければなりません。限られた時間の中ですべての作業を完了することができず、営業時間中に長時間バックヤードで裏方の作業ばかりしているようなことが何度もあり、本来の管理栄養士としての役割が後回しになっていることもありました。仕事がスムーズに進まないことに悩めば悩むほど、発注忘れなどの今までしていなかったような他のミスをする悪循環に陥ってしまいました。そんな私に気づいた店長から、「もっと周囲に目を向けてごらん。店は、みんなで協力して支え合って運営しているのだから、もう少しスタッフを頼るように」と言葉をかけていただき、ふと周りを見渡すことができました。それ以後、商品の陳列などの作業を振り分けたり、他の人の作業状況を見回し在庫の確認などもお願いするように心掛けました。一息入れると、それまでの自分は、目先のことばかりで周囲の様子がまったく見えていなかったことに気づくことができたのです。周囲との関係を大切にできるようになり、自分が頑張っている姿をスタッフにも見せられるようになると、スタッフの皆が「協力したい」と言ってくれるようになり、手と手を取り合って協力することや、人に頼る事の大切さを学ぶことができました。

お客様の記憶に残るヘルスカウンセラーになりたい。

ドラッグストアをご利用くださるお客様の年齢層は幅広いです。特に、忙しくて病院に行く時間がない、働き盛りのお客様が多くいらっしゃいます。また、20代の若者や子育て世代の女性も機能性食品やサプリメントをよく利用されていますし、身体を鍛えている人やマラソンランナーなど、老若男女問わず、健康に関心が高いお客様が増えているので、私たちヘルスカウンセラーへの問合せ・ご相談も増加しています。病院に行くまででもないけど気になる、という相談も多くあります。病気の疑いがあれば受診を勧めますが、病気の手前で改善できたり、予防できたりするドラッグストアの「管理栄養士・ヘルスカウンセラー」の仕事は、お客様の近くで健康に貢献できる、やりがいのある仕事だと感じています。実は、社内に憧れのヘルスカウンセラーの先輩がいらっしゃいます。その方は現場から管理部門に異動して4〜5年も経つのに、いまだに「〇〇さんに相談したい」と、お客様が訪ねて来られるほど深く慕われています。その先輩のように、お客様の話をしっかり聞いて、お客様の気持ちに寄り添う接客ができるようになりたい、お客様の記憶に残る接客ができるヘルスカウンセラーになりたいと思っています。

クローズアップ

管理栄養士の資格を活かせる

栄養や健康に関する知識が役立ち、
産休・育休後も復帰しやすい職場。

健康に対して不安を持っていたり、関心の高いお客様に薬や健康食品だけでなく食養生に関する質問を多く受けます。水分や塩分の摂り方や足りない栄養素など、お客様の話をしっかり聞き、アドバイスをするのに管理栄養士の知識がとても役に立ちます。また、産休・育休制度を活用し、子育てをしながら仕事を続けている先輩が多く、時短制度もあるので、できるだけ長く、管理栄養士として仕事を続けたいと思っています。

趣味と実益を兼ねた勉強もできる

勉強会でアロマテラピーに出合い、
趣味が高じて独学で検定に合格。

ドラッグストアでは、化粧品や洗剤などさまざまな商品を扱っており、それらの商品に関する知識も吸収することができます。社内の「アロマアドバイザー講座」に参加した私は、アロマの魅力に引かれ、興味を持ったので独学で勉強を続け、昨年、アロマテラピー検定試験に合格。仕事に役立つ知識が得られただけでなく、実際に疲れた時には香りでリラックスできるなど、毎日の暮らしに役立てることができています。

社内セミナーで商品知識を学習

会社のセミナー制度を活用して
ヘルスカウンセラーにキャリアアップ

入社後、登録販売者の資格を取得し、3年目には社内独自セミナー受講と社内テスト合格の条件を満たして「ヘルスカウンセラー資格」を取得しました。ヘルスカウンセラーになると、店舗で「健康相談会」を開くことができ、お客様の相談に、よりきめ細かく対応できます。さらに、月1回の研修で、新商品の知識や漢方などについて詳しく学ぶことができます。将来的には、ヘルスカウンセラーをまとめるトレーナーを目指すことも可能です。

ある1日のスケジュール

★9:00
起床
朝食・テレビを見る
★12:30
出勤
★13:00
接客・売場管理業務
★14:30
昼食
★15:30
接客・売場管理業務・レジ応援
★21:30
閉店準備
★22:00
閉店
★22:20
退社
★22:40
夕食
★23:00
入浴
★23:30
ゲーム
00:00
就寝

株式会社ププレひまわり

スーパードラッグひまわり
二宮店 勤務

西山 由希子さん

28歳

[将来の夢]

栄養や健康の知識でお客様や家族、身近な友人もサポートできるようになりたい。

[趣味]

ゲーム

[オススメの本]

渡辺和子さんの
『置かれた場所で咲きなさい』

[リラックス法]

アロマテラピー

取材協力:株式会社ププレひまわり
本社所在地:福山市西新涯町2丁目10番11号
HP:https://himawarinews.com/
従業員数:2,370名
ページトップへ