あなたも輝く 晴れの国女子 おかやま 輝く女性 未来設計応援

Interview

子育てしながら働く女性や
職場でリーダーシップを発揮している女性など多様な活躍の姿を紹介!

生きた情報を学生目線で伝えて互いに納得できる採用活動をしたい!生きた情報を学生目線で伝えて互いに納得できる採用活動をしたい!

人事として正確な情報を伝える大切さ

2017年4月に入社。人材開発部に配属され、おもに新卒採用(インターンシップの企画・運営、会社説明会でのプレゼン、選考など)に携わっています。 私が就職活動をしていた時、人事担当の方の説明は「本当かなあ」と不安になり、「事実が聞きたい」と思っていました。そこから、逆の立場になった今、もちろん会社のいいところも伝えますが、マイナス面も含めて自分が入社して感じたことをありのまま伝えることを大事にしています。実は、今の会社は私自身就職活動中に周囲の薦めで採用試験を受けました。内定をもらい、入社までは事前の情報不足なこともあり気持ちが不安定で、消極的な思いを抱くこともありました。ところが入社後、この採用の仕事に携わることになり、社員や学生さん、他企業の方々との交流の中で刺激をもらっています。今置かれている環境で、人間関係を深めたり、自分にできることは何かを考え行動したりすることにやりがいを感じるので、忙しい時期もありますがとても充実した毎日を過ごしています。
学生は、早くから少しでも多くの情報を収集しておくこと、自分が何をやりたいか考えておくことも、もちろん大切ですが、どれだけ情報を得ていても、実際入社してのギャップは少なからずあります。それを埋めるのも私の仕事ですが、「したいことだけをするのが仕事ではない」という現実も踏まえて、ありのままの情報を伝えたいなと思っています。

伝えることの難しさを痛感 ー ターニングポイント ー

入社1年目の合同説明会で大勢の学生を前に会社説明をしたのですが、その時、会社の知識、特に“現場の情報”が圧倒的に足りないことに気づいたのです。「会社のことを知らないと伝わらない」「今の状態では自信を持って仕事ができない」と思い、同期の社員や先輩に所属部署の詳しい仕事内容を聞くなどの情報収集に努め、プレゼンに反映したり、工場を見る際には現場の方から聞いたことをひたすらインプットしたりしています。しかし、理系の学生に説明する際は、製品の構造や技術的なこと、素材のこと、今の自分の技術や知識が活用できるか・高めていけるかなど、私の持っている知識ではすぐに回答できないような質問をされることが多いです。そんな時は持ち帰って後日正確な解答をお伝えすることとなりますが、自分が答えられる範囲を増やすためにも、他部署とのコミュニケーションは重要だと感じており、一つでも多くのことを伝えられるようになりたいと思っています。そして2018年春、私が採用に関わった学生たちが入社してきました。彼らにもできるだけ多くの知識を得て欲しかったので、研修中に出た質問をまとめて関係部署に確認し、翌日にフィードバックをしていました。私自身分からないことが多い中、他部署の社員とコミュニケーションが取れたこと・教えてもらったことを新入社員に伝えることはとても良い学びになりました。どういう姿を見せたらいいんだろう、と考えていましたが、当時の目線や立場だからこそ伝えられたこともあったと思うので、今思えばいい経験だったなと感じます。春には次の新入社員も迎えいれます。昨年とは違った視点で自分の経験や会社のことを伝えられたらなと思っています。

信頼されるような人になり、きっかけを与えたい。

今の仕事は好きです。学生に会ったり、他社の採用担当者と情報交換したり、社内さまざまな部署の方と関わる機会があることで、吸収した知識を自分の仕事に生かすことができ、自分の考えの幅や仕事の幅を広げられます。
会社説明会では過去の実績だけでなく、今の生きた情報や本当の魅力を伝えたい。また、曖昧な知識や、自分の憶測でしか説明できていない部分は最新情報を調べたり、社員に聞くなどしてできるだけクリアに、多くの情報を伝えたいと考えています。
学生だけでなく、仕事を通して関わる方々に信頼されるような人になりたいです。今は、会う方々に新しい発見や刺激を頂いていますが、キャリアを積んで、関わった方々に何かきっかけを与えられる女性になりたいと思っています。

クローズアップ

会社は社員の「学び」を積極支援

キャリアアップに役立つ資格や研修、
英会話にも挑戦。

当社の場合、仕事に必要だと思う資格や研修があれば、事前に申請して許可されると費用は会社負担で受験・受講できます。また、希望者は無料で週1回、英会話レッスンを受けられます。私は英語を話せた方が仕事の幅やこれからの選択肢も広がると思い、英会話を勉強しています。同じ部署の先輩はキャリアカウンセラーや社会保険労務士などの資格を取得。先輩の姿勢を見て、自分も頑張りたいと思います。

出産後も働きやすい職場環境

「こうしたい」という理想は大事。
でも、「まぁいいか」も大事。

自分の働き方について、私たちの世代は人と比べることが多いけど、理想にこだわり過ぎず、自分がいいと思ったらいいし、マイペースでもいいと思っています。結婚や出産のことは、まだ考えていませんが、仕事を続けたいと思っている私にとっては産休・育休制度に加えて、時短勤務制度が利用できる環境はとてもありがたいです。仕事の価値観が多様化する中、多くの人が働きやすい環境をつくるためにも、ゆくゆくは制度の見直しなども前向きに行っていきたいです。

旅行や飲み会でリフレッシュ!

大好きな温泉旅行に行って気分転換。
今年は海外旅行で英語力を試したい。

週末を中心に祝日や有給休暇を活用して、国内の温泉地に旅行するのが好きです。旅先で友達とおいしいものを食べて、美味しいお酒を飲んで、温泉につかれば仕事の疲れも吹き飛びます。また、大学時代の友達や後輩に会いに、関西に出かけリフレッシュしています。今年は海外旅行にも行く予定です。週1回、社内でネイティブ講師の英会話レッスンを受けているので現地で英会話を試してみたいです。

ある1日のスケジュール

★6:15
起床・みじたく・朝食
★7:20
出発
★7:45
到着・着替えなど
★8:15
ラジオ体操・朝礼
★8:20
業務
★12:00
昼食
★12:45
業務
★16:30
終業
★17:10
英会話レッスン(社内・週1回)
★18:30
退社
★19:00
友達とごはん
★21:30
帰宅・入浴
23:30
就寝

ナカシマプロペラ株式会社

人材開発部

馬場 絢子さん

24歳

[プライベートでの休日の楽しみ方 趣味]

バレーボール(月1〜2回)

[健康管理法]

野菜ジュースを飲む・よく寝る

[リラックス法 ストレス解消法 リセット法]

旅行・おいしいものを食べる・ドラマを見る

[私の好きな場所]

自宅

取材協力:ナカシマプロペラ株式会社
本社所在地:岡山県岡山市東区上道北方688-1
HP:https://www.nakashima.co.jp/
従業員数:400名
ページトップへ