あなたも輝く 晴れの国女子 おかやま 輝く女性 未来設計応援

Interview

子育てしながら働く女性や
職場でリーダーシップを発揮している女性など多様な活躍の姿を紹介!

キラキラした人・モノ・空間を創り、地域に笑顔を増やしたい。キラキラした人・モノ・空間を創り、地域に笑顔を増やしたい。

eコマース事業を通じ、メーカーとお客様をつなぐ架け橋のような存在へ。

株式会社Orbは、自社オリジナルシステムを活用した電子商取引(eコマース)に関する事業を展開しています。創業は2013年。eコマース事業を通じて「メーカーとお客様をつなぐ架け橋のような存在になりたい」と考えた私が個人で立ち上げたベンチャー企業です。現在、日用品や食品、薬品、衣料品、ペットフードなど、6万点を超える多種多様な商材を販売する総合ネットショップの運営事業を中心に、ホームページ作成、ネットショップ構築サービス事業、ネットショップ運営代行に加え、パッケージやチラシのデザイン、海外販路開拓支援、翻訳、ビッグデータやAIを活用した情報収集・分析による売れ筋予測・コンサルティング業務なども手がけています。「お客様の喜びの声を直接いただけること」にやりがいを感じ、お客様のご要望に丁寧に応じるうち、ここまで事業の幅が広がってきました。さらに、「eコマース事業で岡山を活性化したい」という夢を事業化。岡山生まれ・岡山育ちの商品をセレクト販売するサイト「岡山スタイルショップ晴実堂」も運営しています。

理想の働き方を自分で作るために起業 ー ターニングポイント ー

私は20代の頃にシングルマザーとなり、女性が子育てしながら就職すること・働くことの難しさを痛感しました。岡山県の支援事業により職業訓練校「ポリテクセンター岡山」で情報処理のスキルを身につけたものの、子どもがいるという理由で採用時に敬遠されることが多く、希望の職に就けませんでした。2か所の保育園を併用しての育児、低賃金での長時間労働、ダブルワークも経験。仕事でプライベートが圧迫されても「ここで休んだらキャリアがストップするかも」と不安に怯え、昼夜問わず働き続けました。しかし、子どもが高校生になり、自分も40歳に近づいた2012年頃、「このままで良いのだろうか」と子どもが自立した後の生き方を見直すようになったのです。どう生きたいのか、どんな働き方が理想なのか、1年ぐらい考えても答えが見つからなかったので、「自分で作り上げるしかない」と一念発起。地域の創業塾などで経営を学び、それまで働いていたネット通販会社でのバイヤー経験やITスキルなどを生かして2013年、倉敷市が運営する「くらしきベンチャーオフィス」で創業しました。創業時は信頼も実績もないため融資が受けられませんでしたが、周囲の経営者や創業支援団体に相談しながら事業計画を作成し、金融機関の融資を受けて法人化。手伝ってくれていたアルバイト1人を正社員として採用することもできました。

管理職になることで見える景色が変わり、豊かな人生へ。

法人設立後は業務拡大に伴い、スタッフの増員が急務でした。知人を頼ってスタッフを探したところ、「子育て中の専業主婦だけど働きたい」という女性が見つかったのです。「目標を持ち、仕事をしながら達成感を感じ、自己成長・自己実現したい」と思っていても、スキルがあるにもかかわらず家庭の事情で働けない状況にある人が多くいるのではと感じていた私は、「出社不可だけど在宅なら入力作業ができる」という彼女の働ける環境を用意しようと考え、PCを貸与してテレワークを導入。私にも、子育てと仕事の両立で苦労した経験があるから、その後も、子育て中・介護中などの理由で働けない事情を抱えた人たちに少しでも働く場を提供できるよう、各自の条件に合わせて働き方や休暇制度を構築していきました。また、将来子育てが終わった後に非正規雇用から正規雇用に変わることもできる制度を導入、新業務に挑戦したいと望むスタッフには即対応。さらに、会社の経営・財務など全ての情報をスタッフに開示。すると、スタッフの間には、働きやすく自己実現できる自分の居場所(会社)の一員という意識が高まり、仕事へのモチベーションも上がり、組織が活性化するという好循環を生むことができました。これからもお客様やスタッフと共に会社を成長させ、みんなの夢の実現をお手伝いしたいと思います。私の夢は、スタッフ全員がキラキラ輝き、誇りある人生を送れる会社にすること。将来は、起業家を輩出できるような会社づくりをしたいと思います。

クローズアップ

自分も社員もキラキラ輝ける職場

育児中、介護中など、
多様なスタッフが活躍。

主婦スタッフの増加をきっかけに、「仕事にメリハリをつけてバランス良く働ける環境が必要。豊かな人生を歩んで欲しい」と考え、育児・介護制度を整備しました。自分が働きながら子育てをして感じた不便さや苦労を解消できるよう、子どもが病気の時に有給休暇を取りやすい看護休暇制度を整備。遅刻や早退にも柔軟に対応できる1分単位の分給制度、能力に応じて非正規雇用から正社員に転換できる制度も導入しました。

未経験、専業主婦から時短勤務へ

「ここで働けることが楽しい!」
自分の可能性に挑戦したい。

専業主婦だったNさんは、2人の小学生の母親。商品梱包のパートで働き始めましたが、学校行事や子どもの急病時も休みやすいOrbの働きやすさを実感。「社長は常に前向きだし、ここで働き始めてから仕事が一番楽しい」と感じたそう。他の業務にも興味が湧いたので社長に相談すると、問い合わせにPCメール等で応じるカスタマー担当を任されました。「15時までの時短勤務で自分に合う働き方ができるOrbは私の大切な居場所です」。(スタッフNさんからの声)

休日の楽しみは孫と遊ぶこと

仕事を通じていろんな経験を重ね、
より豊かな人生を過ごしたい。

今一番の楽しみは孫と遊ぶこと。当社は土・日が休みなので毎週末、娘は孫を連れてわが家に遊びに来てくれます。私自身の子育て中は余暇などなく働き詰めでしたが、プライベートも充実させ、メリハリのある生活を送る方が、より豊かな人生が過ごせるし、仕事でもスキルを発揮できると思います。だから、私たち管理職が自分の時間を大切にし、笑顔で人生を豊かに満喫しながら働く姿を見せることが大事だと思います。

ある1日のスケジュール

★7:00
起床、身支度
★8:00
自宅で事務作業、1日の業務の段取り
★8:50
出勤
★9:00
出社
★12:00
昼休憩(昼食、社内ジムでマッサージ)
★19:00
退社
★19:10
夕食準備、夕食、家事
★21:00
入浴
★22:00
仕事(1日の業務チェック)
★23:00
映画(TV)鑑賞
25:00
就寝

株式会社Orb

代表取締役

河井 七美さん

45歳

[将来の夢]

スタッフたちの成長を見続けること

[オススメの本]

『グローバル化の終わり、ローカルのはじまり』吉澤保幸

[リラックス法]

孫と触れ合うこと

[自分磨き術]

地域活性の取り組みをしている人たちとの触れ合い

取材協力:株式会社Orb
本社所在地:岡山県倉敷市吉岡242-1
HP:http://orb-rela.com/
従業員数:14名
ページトップへ